楽しいこうさく

8月はおりがみで「くり」や「とんぼ」を折ってカレンダーや壁面を作成し、紙筒とカラービニールで『きんぎょすくい』、色画用紙とガムテープの芯で『ゆらゆらイルカ』、色画用紙と紙筒と丸箱で『くるくる花火』を作りました。

ぴょんぴょん広場

8月はひまわりのおみこしや、大玉ころがし、おさかなすくいなどのゲームで遊びました。

サーキットではでこぼこマットを上手に跳び越えたり、タイミングを合わせてシーツをすばやくくぐったりしました。

体操のエビカニクスは、お父さんお母さんも一緒にエビとカニのポーズを上手に決めていました。

絵本の読み聞かせ

8月は「ねないこだれだ」や「やさいさん」などを読みました。

「やさいさん」では、知っている野菜を大きな声で言いながら楽しみました。

手あそびはお友だちやお父さんお母さんと一緒に歌いながら楽しんでいました。

みんなでミュージック

8月は「わらうおばけ」「南の島のハメハメハ大王」「トマト」などの夏の歌を歌ったり、「やまびこごっこ」や「富士山」など山の日にちなんだ歌を楽しみました。

今月のリズムあそびは「おもちゃのチャチャチャ」、親子体操は「アンパンマンたいそう」でした。

8/1 工作教室

特定非営利活動法人ラブコミュニティーライフの主催にて、小学生を対象に「絵本袋に絵を描こう」を行いました。

袋にクレヨンで好きな絵を描いて、アイロンで色が落ちないようにしました。

それぞれ上手に絵を仕上げることができ、完成した世界に一つだけの絵本袋を手に取り、とても嬉しそうでした。

8/3・4 誰でも絵描き上手(1~3年生)

防府市立華城小学校 校長 田中邦明先生を講師にお迎えして、小学1年生から3年生を対象に絵画教室を行いました。

先生からヒントやアドバイスをもらって熱心に取り組み、素晴らしい作品が完成していました。

2枚目の作品にチャレンジする参加者もいました。

8/4・5 誰でも絵描き上手(4~6年生)

防府市立華城小学校 校長 田中邦明先生を講師にお迎えして、小学4年生から6年生を対象に絵画教室を行いました。

具体的なイメージをしっかり持っている参加者が多く、先生のアドバイスに耳を傾け、初めて挑戦する手法も取り入れて集中して取り組んでいました。

仕上がった作品に、とても満足そうな表情がうかがえました。

8/4 紙芝居フェスティバル

紙芝居ボランティアグループ「たんぽぽ」のみなさんによる紙芝居やエプロンシアター、パネルシアターや工作を楽しみました。

子どもたちは紙芝居の世界にひきこまれ、会場内はたくさんの笑顔があふれていました。

工作では「カード」や「ミニ風鈴」を作りました。

カード作りでは、それぞれの個性あふれるステキな作品がたくさんできていました。

8/6 おとうさんもおいでよ!ミュージック

毎週金曜日「みんなでミュージック」の日曜日拡大版。

今回のテーマは『楽器あそび』

いろいろな楽器を使って「楽器の音を聴こう」「楽器をさわってみよう」「楽器であそぼう」「楽器を演奏しよう」といろんなかたちで楽器あそびを楽しみました。

三拍子の難しい曲にもチャレンジしましたが、みんなしっかり音をそろえて演奏していました。

8/6 ものづくりスペシャルデー①

松本歯科医院 院長 松本英樹さんを講師にお迎えして「メカ・ダービー」の製作に挑戦しました。先生の丁寧な説明を聞いて、キットを組み立てていきました。

普段からプラモデル等を作ることが好きな参加者が多く、スムーズに進んでいきました。

完成した作品を実際に動かして、カラクリや構造を知り、ものづくりを楽しむことができました。

8/7 絵本の読み聞かせ in プラネタリウム

毎週金曜日「絵本の読み聞かせ」のプラネタリウムバージョン!

「だるまさんの」「ばけばけばけばけ ばけたくん」「スイミー」の絵本を、ボンゴやツリーチャイムなどの楽器の音付きで楽しみました。

プラネタリウムのドームに映し出される大きな絵本に、会場内からは歓声や笑い声があふれていました。

8/8 草木染めを楽しもう

あかね会 神崎勝代さんを講師にお迎えして、児童センターで育てたマリーゴールドの花を使って草木染めを行いました。

ハンカチに模様を出すために割り箸に輪ゴムでそれぞれ結ぶのですが、同じ結び方をしても染めたあとに開いてみると染まり方が異なっていて、それぞれの個性が活かされた素晴らしいハンカチが出来ていました。

積極的に質問したり、先生のお手伝いをしたり、とても楽しく草木染めの勉強ができました。

 

 

8/12 ものづくりスペシャルデー②(1~3年)

山口市少年少女発明クラブの主催にて小学1年生から3年生を対象にワンド万華鏡づくりを行いました。

ビー玉を入れて光の変化を楽しむワンド万華鏡は、少し難しい工程もありましたが、親子で協力して完成させることができました。

外に出て、太陽の光を取り入れながら見る万華鏡はとてもキレイでした。

 

8/12 ものづくりスペシャルデー②(4~6年)

山口市少年少女発明クラブの主催にて小学4年生から6年生を対象にエアーマグセルカーを作りました。

細かくて難しいキットでしたが、先生の説明をしっかり聞いて完成させることができました。

完成した車に塩水を入れて走らせるのですが、逆走してしまったり、接触がうまくいかず走らなかった参加者もいました。

しかし、高学年らしく、どこに不備があるのか自分で探しながら修正し、無事走らせることができていました。

 

8/13 紙芝居がやってくる

紙芝居ボランティアグループ「たんぽぽ」のみなさんによる、紙芝居「かりゆしの海」「じいさまときつね」、パネルシアター「グーとパー」「カレーライスのうた」、エプロンシアター「もりのアイスクリームやさん」を楽しみました。

パネルシアター「グーとパー」では、みんなでグーとパーのどちらかを選んで出して楽しみました。

8/13 絵かきうたを楽しもう

今回は「アイアイ」を歌いながらサルを描いて児童センターの大型壁面に飾り、「うみ」を歌いながら海の風景を描いてくじらのうちわを作りました。

少し難しい海の風景も親子で楽しそうに描いて、くじらのうちわもステキに仕上がりました。

8/19 おてだまで遊ぼう

昔なつかしおてだま会のみなさんによるお手玉遊びを行いました。

「あんたがたどこさ」「勇気100%」などの音楽にあわせておてだまを楽しみました。

輪になってお手玉をとなりの人に渡したり、お手玉キャッチボールやお手玉の花など、いろいろなお手玉あそびを楽しみました。

8/19 原田先生のけん玉教室

日本けん玉協会けん玉伝道師 原田祐紀さんを講師にお迎えして、けん玉を楽しみました。

小さいお子さんもけん玉に触れることから始めて、けん玉上級者には難しい技を課題にしたり、それぞれに合った段階の楽しみ方を教えていただきました。

ちょっとしたアドバイスで技が決まり、会場内には「出来た!」の声や喜びがあふれていました。

今回は原田先生だけでなく、けん玉上級者の小学生も技を披露してくれました。

 

8/20 おもしろ科学教室「音や振動であそぼう!」

山口大学工学部 電気電子工学科 岡田秀希先生を講師にお迎えして、「音や振動であそぼう!」をテーマに様々な実験を体験しました。

「音を見てみよう」では透明筒で空気の振動を見るクントの実験、「共鳴のふしぎ」では魚洗鍋で水が跳ねるのを体感するなど、目の前で起こる不思議な現象を参加者は食い入るように見ていました。

 

8/21 みんなでレノ丸をつくろう!

レノファ山口FCの公式マスコットキャラクター「レノ丸くん」の大型モザイクアートを作る、夏休み特別企画!

2種類のレノ丸くんに、参加者が一枚一枚折り紙や、児童センターで育てたマリーゴールドで染めた和紙を貼っていきました。

ボウリング、ゴールをねらえ!、ボールプールのゲームコーナーもあり、小さいお子さんや作業に疲れた子どもたちがボールを使って楽しみました。

レノ丸くんも登場し、記念撮影や、仕上げのレノファ山口FCのロゴの貼り付けを手伝ってくれて、モザイクアートは見事完成!

最後は「がんばれ!レノファ山口FC」のメッセージと一緒に、みんなで記念撮影をしました。

 

8/26 かざぐるまをつくってあそぼう

山口市少年少女発明クラブ指導員の久津摩達男先生を講師にお迎えして、昔ながらのおもちゃ、「かざぐるま」を作りました。

色のついたクリアファイルを型紙に沿って切り、穴をあけて組み立てていきました。

みんな2つずつかざぐるまを完成させることができ、クルクル回して楽しんでいました。

 

児童センターとは
プラネタリウム
施設案内
お問い合わせ
ご利用案内
アクセス

◎更新情報◎

11月9日

10月の「児童センターレポート」をアップしました。

11月1日

12月の「センターだより」を

アップしました。

山口県児童センター ツイッターへ
☆児童センターNOW!!

◎開館日カレンダー◎

 

_   

休館日

 

11月

 

 

 

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

 

12月

 

 

 

 

 

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31